不動産購入や賃貸する前に|ベトナム・ハノイとホーチミン市のおすすめエリアを紹介

ベトナムのハノイやホーチミン市でアパートやマンションなど賃貸物件を探している方、不動産購入を検討されている方向けの記事です。

経済急成長中で投資先としても旅行先としても注目を集めているベトナム。そのベトナムの2大都市といえば、首都のハノイと最大商業都市のホーチミン市です。

2019年に発表された2018年10月1日時点のベトナム在住日本人数は、前年比28.1%増となる22,125人となりました。ベトナムへの駐在や移住で引っ越してくる人がとても増えている状況です。また、2015年に外国人名義での不動産購入が解禁されたこときっかけに、ベトナムでアパートなど不動産を購入する人が増えています。

そんな中、ベトナムへ引っ越してくる方たちや不動産投資を検討している方たちに向けて、主要都市のハノイとホーチミン市のエリア情報をここではご紹介したいと思います。

まずはどんな都市があるかを把握しよう

ベトナムの2大都市は首都のハノイと最大商業都市のホーチミン市ですが、その他にもハイフォンやダナン、ニャチャンなど注目されている都市があります。

ベトナムの不動産投資ターゲットとみられる都市

首都ハノイ

首都ハノイは、ベトナムの政治の街と言えます。四季があり、湖が多く、どこか哀愁漂う街並みが特徴です。中国やフランスの文化が融合した独特で歴史ある都市「ハノイ」ですが、現在、都市鉄道を建設するなど発展中の街です。

ハノイという街|ハノイは西へ、ホーチミン市は東へ

最大商業都市ホーチミン市

多くの方はベトナムの都市といえばホーチミン市を思い浮かべるでしょう。1975年のベトナム戦争終結前までは「サイゴン」と呼ばれていた街です。東洋のパリなどとも呼ばれ、美しい景観のあるホーチミン市ですが、現在では東南アジアを代表する経済都市に発展しています。

日本のODAで建設中の「ホーチミン地下鉄」も2021年末までの開業を目指して進行中です。周囲を見渡せば建設中のオフィスビルやアパートメントなど不動産開発の様子が必ずといっていいほど目に飛び込んでくることでしょう。

ホーチミン市という街|ハノイは西へ、ホーチミン市は東へ

居住区としても投資先としても大注目のホーチミン市2区について

ホーチミン市の中でも特に注目度が高いのが2区です。この2区は10年前頃までは、現地の方々の住宅がぽつぽつとある広原地帯だったのですが、現在では大きな街へと変貌を遂げています。特にタオディエン(Thao Dien)と呼ばれるエリアは、ショッピングモールやアパートメントが立ち並んでいます。おしゃれなカフェやレストランもたくさん開業していて、欧米人や日本人、韓国人も多く住むエリアとなっています。さらにはこの地域にはホーチミン地下鉄の路線が開通する予定もあり、ますます発展が期待できるエリアです。

2区の全体地図は以下リンクからご覧いただけます。

大注目のホーチミン市・2区

カテゴリー